格安SIMで利用できるiPhoneを手に入れる方法

- 広告 -

総括

この記事でいま保有しているiPhoneを利用する方法格安SIMで利用できるiPhoneを手に入れる方法などを検討しました。

格安SIM+いまあるiPhoneをそのまま活用できる人は、docomo契約者が有利です。
AU/Softbankは、ちょっと怪しげなアダプターを使うことで格安SIMを利用できるカモしれません。

日常的に使うライフラインとして見ると、突然使えなくなるカモしれないリスクはあまり抱えたくありません。

主ガラケー、iPhoneサブという位置付けで検討している方は、アダプターでチャレンジする価値はあります。
いまあるiPhoneが活用できれば、無駄な出費が抑えられます。

素直にdocomo iPhoneか、SIMロックフリーiPhoneを入手する方が安心です。

2015年3月にAppleの価格改定があり、SIMロックフリーiPhoneが値上がりました。
また、2015/5/12に調べたところ、中古市場にNTTドコモ版iPhoneの流通量が改善しています。

これを受け、計算しなおした結果、

総括としては、
安く手に入れた中古iPhoneが一番お得、
これ以外の方法では、iPhone6を手に入れるなら総合的なサポートの面でNTTドコモにMNPしたほうがよい。
(SIMロックフリー版iPhone6 + 格安音声通話SIM vs iPhone6 + NTTドコモにMNPを比較すると2年間の支払額の差はわずか)
格安SIMのiPhoneは、SIMロックフリー版iPhoneが納得できる結果となりました。


[ 広告 ]

AU iPhone/Softbank iPhoneは格安SIMで使えない?

格安SIMを提供する事業者のほとんどは、FOMA網、つまりNTT Docomoの回線を使ったサービスです。

AU iPhone、Softbank iPhone5/5c/5s/6/6Plusは、他回線で利用できないようにロックされているため、
そのまま使えません。(SIMロック)

AUやSoftbankなどでは、SIMロックを解除する手続きがあります。
ガラケー、Android系の一部の端末などは手数料を支払って解除が可能なようですが、iPhoneは現時点でも解除できないようです。

いま保有しているiPhoneを利用する方法

iPhone SIMロックを解除する人柱的な方法

成功している人、全くだめ!という人、かなりばらつきがあるようですが、SIMロック解除アダプター(R-SIM)と呼ばれるものがamazonなどで購入できます。

iPhoneのSIMトレイに解除アダプタを載せて、その上に格安SIMカードをセット&本体に挿入することで解除ができるようです。

R-SIMシリーズは、成功した人より、失敗している人のレビューを多数見受けます。

R-SIM 10 まで発売されているようですが、レビューを見る限りR-SIM 7+が一番評判良さそうです。

同様の製品で、KingMobileもあります。レビューの評判はまずまずです。

AU iPhone4S用
Kingmobile 【SIMロック解除アダプタ】 iOS8対応 au版iPhone4S専用 Smartking-au

公式サイト http://kingmobile.jp
iPhone6/5/4などの解除アダプター

若干高い?ファクトリーアンロック

週刊アスキーPLUSの記事が詳しいです。
キャリア版iPhone6をSIMフリーにできるファクトリーアンロックをやってみた:週間リスキー
http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/266/266110/

重要な部分としては、
端末固有の認識番号(IMEI)と携帯電話会社の関係はアクティベーションサーバーというデータベースで記録されている
アクティベートをした際、このアクティベーションサーバーに問い合わせて、IMEIと携帯電話会社(SIM)が一致するかを確認する。
一致しない場合は、アクティベーションができない。

つまり、SIMロックは、端末ではなく、サーバー側で管理されているということです。

ファクトリーアンロックとは、このサーバーの情報を書き換えるサービスのようです。

週刊アスキーPLUSの記事を見るとアンロックにかかる費用が高いことがわかります。
2万、3万は覚悟が必要です。

まとめると・・

AU iPhone/Softbank iPhoneは解除アダプタを利用することで格安SIMが使えるかもしれない。
ファクトリーアンロックという方法もあるが、中古品のiPhoneが買えてしまう値段。使っているiPhoneに愛着が必要。

格安SIMで利用できるiPhoneを手に入れる方法

docomoにMNPする

docomoでも当然SIMロックされていますが、同じFOMA/Xi網なので格安SIMで使えます。

【試算】iPhone6 64GB docomoへMNP

現在利用している携帯電話会社 解約料(※1) 約9,500円
docomo2年間の費用 155,520円
【月額】計 (6,480円)
【月額】 基本使用料 (2,916円)
【月額】 SPモード (324円)
【月額】 データS(2GB) (3,780円)
【月額】 端末代金 (3,618円)
【月額】 月々サポート (-3,078円)
【月額】 iPhoneデビュー割 (-540円)

※1:使っている端末の月賦が残っている場合、さらに費用がかかります。

iPhoneデビュー割によって、iPhone6 64GBモデルでも実質端末代0円になります^^

年間docomoに支払う費用は、約8万円です。SIMロックフリー版 iPhone6 64GBモデルは10万7千円(税込)です。
キャッシュバックで2万、3万円を受け取れる可能性もあります。
OCN モバイル ONE

音声通話付きSIMが月額1600円となっています。

格安音声通話SIMの場合、端末代を除いた2年間の費用は44,712円です。
MNP事務手数料(3,240円)+年間費用(1,600x12x消費税8% : 20,736円)x2年間

端末代(10万7千円)を加味すると
格安音声通話SIMは15万1千円ほどです。

ドコモにMNPした場合にくらべて、約5千円ほど割安になります。
キャッシュバック等のキャンペーンがあるなら、ドコモにMNPしてもいいかもしれませんね^^

SIMロックフリー版 iPhoneを購入する

SIMロックフリー版のiPhone5s
16GB 72,800円(税別)、32GB 78,800円(税別)
16GB 64,800円(税別)、32GB 70,800円(税別)(価格改定により値上がり)

SIMロックフリー版のiPhone 6
16GB 86,800円(税別)、64GB 98,800円(税別)、128GB 110,800円(税別)
16GB 75,800円(税別)、64GB 87,800円(税別)、128GB 99,800円(税別)(価格改定により値上がり)

SIMロックフリー版のiPhone 6 Plus
16GB 98,800円(税別)、64GB 110,800円(税別)、128GB 122,800円(税別)
16GB 87,800円(税別)、64GB 99,800円(税別)、128GB 111,800円(税別)(価格改定により値上がり)

残念ながら、為替の影響で、価格が値上がりしました。Apple直営店での購入は割高に感じてしまいますね><

iPhone5s 32GBとiPhone6 64GBの価格差は約2万円。
iPhoneは毎年新製品が発表されています。
最新無線LAN(11ac)、Apple Pay、CPU性能アップに魅力を感じるならiPhone6ですね^^

中古iPhone5c/5s iPhone6を購入する

ソフマップの中古品を確認すると
NTTdocomo iPhone 6 Plus: 64GB 税込85,104円 2015/5/12時点
NTTdocomo iPhone 6: 64GB 税込76,464円 2015/5/12時点
NTTdocomo iPhone 5s: 64GB 入荷なし 2015/5/12時点
 64GB 税込44,064円 2015/03/05時点
NTTdocomo iPhone 5c:入荷なし




価格COM docomo iPhone 中古スマートフォン(白ロム) 製品一覧によると
iPhone6 Plus 64GB : (ほぼ新品)70,800円〜、(美品)73,000円〜、
iPhone6 64GB : (ほぼ新品)84,000円〜、(美品)83,000円〜、
iPhone5s 32GB: (良品)44,800円〜
傷が多数あるiPhone5s16GBモデルでも、42,200円〜とSIMロックフリー版新品の4割引程度のようです。

毎日使うものなので、できれば良品、美品、新品と欲がでるようなら、SIMロックフリー版購入も視野に入ります。

新品を購入する前に・・・iPhone6は2014年9月発売でした、そろそろ次期iPhone7の噂がでています(2016年という噂もあります)
appleの価格改定による値上がりもあったので、悩ましいところです。

iPhone6 PlusはiPhone6に比べて、価格下落幅が大きい

2015/5時点:docomoの中古品出品数が増えています。
2015/3時点:ヤフオクなどを確認してみましたが、docomoの中古品は同様のことを考える人が多いのか、極端に少ない状況です。

まとめ

・格安SIM利用目的で見ると、MNPは割高になる
・docomo中古iPhoneは、人気で品薄=価格が高めだったが、最近市場に出回るようになってきました。
・高価なSIMロックフリー版iPhoneが割安に見えてくる。


[ 広告 ]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です