日本通信 b-mobile

b-mobileは、amazon、ヨドバシカメラ、イオン、家電量販店などでも販売されているのでよく目にするMVNO業者の1つです。

b-mobileは、データ専用SIMの他、携帯電話やスマホの通話に特化したSIMを取り扱っています。
古くからSIMサービスを提供しているb-mobileはプランが豊富です。
アマゾン限定高速艇がく、Pair GB SIM、Platinum Data SIM、プラチナSIM for iPhone、スマホ電話SIMフリーData、X SIM、基本料0円SIM、・・・等は、すでに新規受付終了しています。

b-mobile-okawari-sim
今、b-mobileが力を入れているSIMのプランの「おかわりSIM」です。
おかわりSIMは、5段階定額という特殊なプランになっています。

月1GB(1000MB)までしかデータ通信をしなかったら、500円、
月2GB(2000MB)まで通信した場合、750円、
月3GB(3000MB)まで通信した場合、1,000円、
月4GB(4000MB)まで通信した場合、1,250円、
月5GB(5000MB)まで通信した場合、1,500円
というような感じで、月額料金が使った分で変わります。

SMSは、プラス130円アップです。

おかわりSIMには通話プランがない

残念なことに、2015/10時点では、おかわりSIMには通話プランがありません。

b-mobileで契約して、通話が必要な場合は、
b-mobile SIM 高速定額(音声付)プランになります。

b-mobile おかわりSIMの魅力

月にどのくらいデータ通信量使いますか?
=>たくさん使う月もあれば、
  仕事が忙しくて全く使わない月もある、
  という方も多いのではないでしょうか

おかわりSIMの魅力は、まさに、データ通信量を気にしなくても、勝手に適切な料金のプランになる!ことです。

1GBから最大5GBバイトまで、1GBあたり250円の増額になります。
この250円という金額は、かなり、お安い金額です。

データ通信のチャージ料金は、100MBで200円というものもあれば、500MBで500円、
だいたい100MBの単価は100円という設定をしているプランが多いです。

おかわりSIMは、1GBで250円です。かなりお得な設定です。

平均的に5GB使う方は、おかわりSIMは見送ったほうがいいかもしれません。
月1,500円で5GBというのは、最安に近いですが、もっとデータ通信量が多く使えるプランも存在します。

月に使うデータ通信量がふらつく方は、ぜひ検討してもらいたいSIMの一つです。