キャンペーンを利用してお得にスマホをゲット 2015年6月

今はボーナス時期、懐がちょっぴり暖かい時期でもあります。
このボーナスを狙ってモバイル回線事業者は、キャンペーンで契約者数を伸ばそうとしています。

  1. ASUS ZenFone 5 8GBモデルが23%OFF(5,933円OFF)

  2. 基本料が年内50%OFFのキャンペーン

ASUS ZenFone 5 8GBモデルが23%OFF(5,933円OFF)

ASUS ZenFone 5 8GBモデルが19,867円(税抜)で購入できるのは、パナソニックストアです。
ASUS ZenFone 5は、カメラのスペックが800万画素で若干見劣りしますが、
クアッドコアCPU(4CPU)と2GBメモリ搭載の高スペックスマホです。
しかもLTE対応(150Mbps)SIMフリースマホなので、回線を選びません。

 LTE Band 1/3/7/8/19
 W-CDMA(HSPA+)Band 1/2/5/6/8/19
 GSM/EDGE 850/900/1800/1900MHz

ROMの容量が多ければ多いほどいいものなので、8GBはちょっと少なすぎます。
このデメリットは、64GBのmicroSDカード(microSDXC)を別途購入し、装着することで容量の心配がなくなります。
(64GB Class10 UHS-I対応で大体3,600円ぐらいが相場のようです)

ZenFone2という最新モデルがすでに発売済みです。
比較してしまうとZenFone5は、最新のWi-Fi規格11acには対応していません。(IEEE 802.11 b/g/n)
また、NFCに対応していません。

ZenFone2は、11ac/NFCに対応、カメラも1300万画素にアップしています。ただ価格もアップしているため、
性能がそれほど変わらない+安いZenFone5はまだまだ人気機種のようです。

amazonなどでZenFone5 8GBを探すと、並行輸入モデルが販売されているようです。
価格帯は17,800円〜34,980円のようです。

パナソニックストアは、国内大手のパナソニックが運営するネットストアなので、安心感があります。

クーポンを適用する方法

そのままパナソニック ストアを見ると25,800円という価格が提示されます。
まずは、無料の会員登録を行う必要があります。
panasonic-store-regsitration

会員登録が終わったら、パナソニック ストアのログインボタンをクリックしてログインします。

ログインするとメニューがこのように変わります。
panasonic-store-mypage
Myページというボタンをクリックすると
Myページが表示されます。

スクロールすると画面下部にクーポンが表示されているはずです。
panasonic-store-cupon

お客様がご利用いただけるクーポンはMyページよりご確認いただけます。
商品の購入特典としてクーポンが進呈される場合は、お買い物完了時に自動的に進呈されます。

Panasonic Store>ご利用ガイド>クーポンについて
https://ec-club.panasonic.jp/info/howto/coupon.html#3

商品の購入特典としてクーポンが進呈される場合は、お買い物完了時に自動的に進呈されます。とあるので、
先ほどのクーポンの「ご利用対象商品一覧はこちら」というリンクをクリックし、カートに入れて、購入手続きすると自動的に適用されるはずです。

ちなみに、smazouがパナソニックストアで見ると
panasonic-store-kingakuga-nai
とブラウザが悪いのか、金額が空白で適用状況がわからない感じでした><

基本料金が年内50%OFF

freetel 最新キャンペーン一覧
ルーター+SIM、スマホ+SIMの同時購入が条件です。12月分まで50% OFFになります。

「父の日」特別キャンペーン 1Gプランの基本料金が12月まで0キャンペーンを実施中です。
(2015/6/23 8:59までの期限キャンペーン)

キャンペーンで購入できるスマホは安いですが、スペックもそれなりです。

freetelモバイルは、MNPで他社に乗り換えると MNP転出手数料が発生します。

とりあえず、スマホを試してみたい目的にぴったりかもしれません。

いまどきの高スペックスマホが欲しい!

大画面液晶6インチ、高性能CPU、綺麗な写真が撮れる、4G LTE/11ac/NFC対応、地デジも見たい・・・
こういったニーズを満たしてくれるスマホは、SIMフリーモデルではなかなか見つかりません。

キャリア(NTT docomo/au/SoftBank)で端末込みで契約する、中古市場で新古のキャリア端末を購入するなどで手に入れるなどの方法が考えられます。

SoftBank系の端末は、格安SIMを利用することができません。

au系の端末は、mineo、UQ mobileで利用できますが、iPhoneやiPadを利用したい場合、iOSのバージョンによっては利用できないので注意が必要です。
iOSを古いバージョンに戻せば使えるはずですが、古いバージョンに戻す仕組みがないので、使えないです。

au系の端末+格安SIMは、android端末を選ぶのが間違いないです。

docomo系の端末は、iPhone/iPadでも利用可能です。目的に見合った端末を中古市場で選ぶことができます。また格安SIMのほとんどは、docomo系なので、そのまま利用可能という強力なメリットがあります。

このようにキャリアの端末を比べてみると、docomo系の端末が圧倒的に利用価値が高いです。
そのため、市場価格もdocomo系端末が高い傾向にあります。

中古端末の相場は、【価格.com中古携帯プラザ】
で確認できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です